So-net無料ブログ作成
検索選択
QLOOKアクセス解析

ぺるそな [オリジナル曲]




「ぺるそな」

誰にも知られたくない 本当の自分の姿を
だから僕はいつも いつだって 仮面を着けてた
例えば黄色くゆがんだ 過去の傷のことなど
誰だって見たくはないだろう 触れたくもないだろう

 だけどあの夏の日に 僕は見つけた
 まだ少女の君を 陽だまりの中に 


振り上げたこの拳を こぼれ出る心の叫びを
君は怖がりもせずに そのまま受け止めた
初めから何もかもが 君には分かっていたのか
夏の夜空の下で 星を数えるように  

 僕は君を愛して 君は僕を愛した
 わだかまりの時代は 光に満ちて


初めから何もかもが 君には分かっていたのか
夏の夜空の下で 星を数えるように 

 僕は君を愛して 君は僕を愛した
 あふれる光の中で 仮面が溶けてく

Dec.26, 2010
Ukulele:Takahashi Ukulele(standard longneck)
Other Insturuments:MIDI
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。