So-net無料ブログ作成
QLOOKアクセス解析

やがて来る季節に(3.11~津波~) [オリジナル曲]





「やがて来る季節に(3.11~津波~)」

火の見やぐらの半鐘が 響き渡った
津波に呑まれるその瞬間までそれは
乾いた悲しい音色で
 遠くから迫り来る 海を目にして
 逃げることもせずに 鐘を叩き続けた
そんな貴方に 泣けてくるのです
涙が 涙が   止まらないよ


受け入れられない現実が目の前にある
家も仕事も愛する人もみんな
貴女は失くしてしまった
 悲しみの深さも 痛みもむなしさも
 分かってはいない 私だけれど
貴女を想うと  泣けてくるのです
涙が 涙が   止まらないよ
 頑張らなくていい 頑張らなくていい 今はまだ
 助かったその命を 大切にしてほしい
 頑張らなくていい 頑張らなくていい 今はまだ
 助かったその命を 大切にしてほしい


仕事帰りにコンビニで募金をした
何の足しにもならないほど
ほんの少しだけ
 あなたのために できること他にない
 そんなちっぽけな 私だけれど
あなたの口元に  いつか微笑が
そんな 季節を   きっと信じてる
そんな 季節を   きっと信じてる

April 03, 2011
Ukulele:Takahashi Ukulele(standard longneck)
Other Insturuments:MIDI
nice!(0)  コメント(2) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。