So-net無料ブログ作成
検索選択
QLOOKアクセス解析

火と水の詩 [オリジナル曲]




「火と水の詩」

言の葉のうつろい 湧き出ずる夢よ
茫漠の日常に 鳴り響くオルガン

海峡を渡る風 導くところ
魂通う海道の 交わるところ

 振り返り仰げば 夕焼けが落ちている
 君とともに過ごした 歳月の数だけ
 火と水のあの詩を 今こそ謳おう


立ち止まるより跳ぶこと イマージュの廃墟に
傷は月の光が 癒すのだ

未だ見ぬ大陸の 風渡る荒れ野に
真実はあるのか 答えはあるのか

 求めれば逃げてゆく 優雅な摂理の舞踏
 君は知っている 知ることの意味を
 火と水のあの詩を 今こそ謳おう

 振り返り仰げば 夕焼けが落ちている
 飛び立つ言の葉よ イマージュの欠片
 火と水のあの詩を 今こそ謳おう

June 18, 2011
Standard longneckUkulele(Takahashi
Tenor Ukulele(EleUke TC100-PHP)
Tenor Guiter(PEPE P-49-4)
Whistle
Other Insturuments:MIDI

nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。