So-net無料ブログ作成
QLOOKアクセス解析

初雪 [オリジナル曲]




「初雪」

僕は君の存在すべてが
好きで好きで大好きで
君の唇にそっと
触れていたい こんな日には
 疑うことを忘れた 鈍色の空から
 今年最初の雪が 舞い降りてくる
冬は嫌い大嫌い 君は云うけど
閉じた瞼に ホラ ひとひらの雪

僕は君がここにいること
始めからきっと知ってた
君と過ごす 無為な時間に
満たされる 僕の心
 瞳凝らして 何を見るのか
 阿多多羅山の 遥か彼方に
あなたが嫌い大嫌い 君は云うけど
結んだ指先に ホラ ひとひらの雪

あなたが嫌い大嫌い 君は云うけど
結んだ指先に ホラ ひとひらの雪
ホラ ひとひらの雪

Oct.23, 2010
Ukulele:Takahashi Ukulele(standard longneck)
Other Insturuments:MIDI
nice!(0)  コメント(0) 

トコホコの丘 [オリジナル曲]




「トコホコの丘」

トコホコの樹が立っている 小さな丘で
部活をサボって二人 肩寄せ合った
学生カバンを 座布団替わりに
何をしゃべって いたのだろう
トコホコの樹の歌が 遠くで聴こえてた

斜めに連なる屋根が 縫製工場
その右下に君の住む 公団住宅
今日は母が 遅番だから
夕食の支度をしなくちゃと
石段を駆け降りた 手を振りながら

トコホコの樹の花が 赤く咲くのは
僕らの秘め事を 見ていたからなのさ
セーラー服の薄いスカーフ
ほどく手が震えて
緑色した樹の影に 二人包まれた


「あそこの縫製工場で 働くことにしたの
だからもう学校も 今日で終わりなの
弟もまだ小さいから 私が頑張らなくちゃ」 
トコホコの葉が揺れた 励ますように

仕事帰りの後ろ姿が 少しやつれて見えた
いつも我慢ばかりしている そんな君だから
何かできることはないかと 尋ねてみたけれど
「ありがとう私は 大丈夫だから」

トコホコの甘い樹の実が 実る頃
風合瀬(かそせ)のおじさんの所へ
引っ越していった
君から届いた手紙は 涙ににじむ文字で
もう私のことなど 忘れてほしいと


トコホコの樹は誰の 心にもある
どんな時でも どこにいても
卒業式が終わったら 君に会いに行こう
今でも僕の気持ちは 変わらないから

トコホコの樹よ 二人を見守っておくれ
いつかこの丘に 帰って来るまで


Oct.09, 2010
Ukulele:Takahashi Ukulele(standard longneck)
Other Insturuments:MIDI
nice!(0)  コメント(0) 

向日葵 [オリジナル曲]




「向日葵」

笑った時の えくぼが好きだった
そんな君を泣かせたのは 僕の弱さだった

土砂降り雨の中 風に揺れる向日葵

びしょ濡れの体を重ね合わせた
裂けた心を 繕う間もなく
夏が通り過ぎてく


裏切りと偽りの 翔べない季節
傷つきながら赦そうというのか どうして君は

土砂降り雨の中 風に揺れる向日葵

わがままと自由を 履き違え
愚かであることを誇りに思った
夏の影に隠れて

土砂降り雨の中 風に揺れる向日葵

頬を叩く雨粒の痛さに
夏の最后のページをめくる
何もなかったように
君は消えていった

Sep. 25, 2010
Ukulele:Takahashi Ukulele(standard longneck)
Other Insturuments:MIDI
nice!(0)  コメント(0) 

梅林にて [オリジナル曲]



「梅林にて」

今日は少し具合が 良さそうだから
たまには外へ 出てみないか 春の便り探しに
 蓮台寺の梅林が ちょうど見頃らしい
 風はまだ 冷たいから うんと温かくして

門前町の通りは 春の装いをして
行き交う人は 急ぎ足で 季節を追いかける
 うらやむことはない 明日を怖れずに
 生きている今この時を 確かなものにしよう

何のために花は 美しく咲くのだろう
白く紅く その中を 君は一人佇み
 花に語る まなざしは 慈しみに満ちて
 どの花よりも 君はきれいだ 一番きれいだ

 散りゆく運命を 知ればこそ 今輝きを放ち
 どの花よりも 君はきれいだ 一番きれいだ

Sep. 12, 2010
Ukulele:Takahashi Ukulele(standard longneck)
Other Insturuments:MIDI
nice!(0)  コメント(0) 

水たまりに映ったものは [オリジナル曲]




「水たまりに映ったものは」

水たまりに映ったものは
いわし雲流れる 秋の空
実母に背負われ 施設への道すがら

すぐに迎えに来るからと
それは嘘ではなく 言い訳なんだと
分かっていたから よけいに悲しかった

水たまりに映ったものは
万国旗はためく 秋の空
親がいないと 淋しい運動会

施設から代表で 来てくれた
みち子先生 まあるいおにぎり
いいとこ見せたくて 張りきりすぎた組体操


水たまりに映ったものは
アキアカネ舞い飛ぶ 秋の空
うちの子になるか?と 里親(あの人)は言った

もっと人を 信じてみろ
それで傷ついても そうやって大人になるんだ
心を閉ざしても つまらないだろう

今日は外で食べて帰ろうか
それなら泉町の 王将で餃子を食べたい
そうかそうかと 手を繋いだ帰り道


June 25, 2010
Ukulele:Takahashi Ukulele(standard longneck)
Other Insturuments:MIDI
nice!(0)  コメント(0) 

冬子 [オリジナル曲]




「冬子」

真っ直ぐに伸びた 針葉樹の深い緑も 
降り積む雪に 埋もれてる
誰もが押し黙る 2月の窓辺
 運命に抗い 闘い敗れた兵士のようだ
 今はただ君よ 眠るがいい
冬子 冬子 冬に生まれた君は
冬の白さの中に 還ってゆくのだ


電線に積もった 細長い雪が
かすかな音を残して 落ちてゆく
君が生まれた朝も こんなに静かだったの?
 二人の子供を育てることも 異国の旅も
 夢 叶わなくとも 美しくあれ
冬子 冬子 冬に生まれた君が
冬の白さの中に 還ってゆく

 いつも口ずさんでた“You've got a friend”
 なのにこの僕は 何の力にもなれなかった
冬子 冬子 春に生まれた僕は
春の花咲く野辺に 何を見つけるだろう

June 4, 2010
Ukulele:Takahashi Ukulele(standard longneck)
Other Insturuments:MIDI
nice!(0)  コメント(0) 

星空の旋律 Backy Ver. [オリジナル曲]




「星空の旋律」

君と僕の間に 星が流れる
いつかきっと奏でる 星空の旋律

靴紐が解けて 僕の頭上に
輝くオリオン 「燃える木」の下 君が泣いてる
 深い闇の中 粒子の弦を弾けば
 宇宙の風が 詠い
 二人は一つになれる
君は僕 僕は君 遠く近く遠く

この世の始まりを 僕は知らない
けれども僕らの運命は その時 決まっていた
 虚空をさまよう シュレディンガーの猫と
 泣き虫の君を 置きざりに
 季節だけが 過ぎてゆく
君は僕 僕は君 遠く近く遠く

君と僕の間に 星が流れる
いつかきっと奏でる 星空の旋律

June 01, 2010
Backy:Vocal
Lele;Ukulele、MIDI
nice!(0)  コメント(0) 

しわくちゃのハンカチ [オリジナル曲]




「しわくちゃのハンカチ」

君の心を 掴もうとして
思い知らされる 自分の愚かさ
 君に捧げるもの何一つ
 持ち合わせてなんかいない
思いつく言葉も たった一つだけ
愛していますと ただそれだけ


君の泪を 拭おうとして
ポケットを探ったら しわくちゃのハンカチ
 みっともなくて 情けないけれど
 これが今の僕の 全て
気の利いた言葉も 見つけられない
いつもの笑顔に 戻って欲しいのに


クスッと笑って 「ありがとう」と一言
受け取ってくれた しわくちゃのハンカチ
 君の心の扉が
 そっと開いたような
ありったけの心込めて 今伝えよう
愛していますと ただそれだけ

May 30, 2010
Ukulele、Finger Snapping&MIDI
nice!(0)  コメント(0) 

清秋の青空に [オリジナル曲]




「清秋の青空に」

何も見たくないから
僕は君の手を引いて
何も聞きたくないから
僕は黙って歩いた
 清秋の青空に 隠された偽りを
 めくりながら 暴きながら

空がとても高くて
それだけで イライラ
憂鬱な午後に 似合う
君の そのスカート
 欺いたつもりで あざ笑うのなら
 それならそれで 騙されてやる
 それならそれで 騙されてやる


May 5, 2010
Ukulele:Takahashi Ukulele(standard longneck)
Other Insturuments:MIDI
nice!(0)  コメント(0) 

ただ、歌いたい  Backy Ver. [オリジナル曲]



「ただ、歌いたい」

ただ、歌いたい 私の心のままに
ただ、歌いたい 私が私であるために

15で家を 飛び出した
その日は雨が 降っていた
街のネオンが 眩しくて
膝を抱えて 泣いていた

わずかなお金と 引き換えに
知らない男に 抱かれたわ
コトが終わって 気づいたの
もう家には 帰れない

そんな時 聴こえて来たのは
ママの好きだった POP Music
人は誰でも 涙の河を
越えていくのだと 教えてくれた

 だから
 ただ、歌いたい 私の心のままを
 ただ、歌いたい 私が私であるために

初めて愛した あの人は
夜の雨に 消えていった
小さな命が 私の中に
育ち始めて いたのに

そんな時 流れていたのは
古いアメリカの Rock 'n' Roll
リズムに合わせて 歌って踊れば
明日は晴れるさ きっと

 だから
 ただ、歌いたい 私の心のままを
 ただ、歌いたい 私が私であるために

仲間に囲まれて 毎日を
楽しく過ごして いても
私はいつも 一人ぼっち
寂しさの中で 震えてる

たとえ明日が 見えない時でも
私には 歌がある
Jazz に Bossa Nova、R&B 
Samba に Reggae、Country Music

 だから
 ただ、歌いたい 私の心の歌を
 ただ、歌いたい 私が私であるために
 ただ、歌いたい 私の心のままに
 ただ、歌いたい 私が私であるために

February 16, 2010
Vocal:Backy
Ukulele:Takahashi Ukulele(standard longneck)


nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。